ムダ毛のケアの方法にカミソリや毛抜きなどの自己処理がありますが、これらの処理方法は肌トラブルを招くので出来るだけ控えた方がよいです。

ではどんなトラブルがあるのが見ていきましょう。

ムダ毛の自己処理

色素沈着

肌に定期的に外部刺激が加わる事で、身体が肌を守ろうとメラノサイトを分泌し、刺激がっ加わった部分が色素沈着を引き起こします。いわゆるシミです。カミソリや毛抜きは肌にとっておかなりの刺激になります。ワキを剃って黒くなるのは、メラノサイトの作用によるものです。

毛嚢炎

カミソリや毛抜きで見えない傷がつく事で、毛穴に細菌が入り、ニキビのよう化膿します。ニキビはアクネ菌によるもので芯がありますが、毛嚢炎の原因菌はブドウ球菌。芯がないのが特徴です。傷付いた肌はバリア機能が弱まるため炎症を起こしやすくします。

埋没毛

傷ついた皮膚が、肌を守ろうと毛穴を覆ってしまい、毛が表に出てこれなくなり埋まってしまった状態を指します。

自己処理にはこのような肌トラブルがつきもの。かといってムダ毛を放っておくわけにもいきませんね。これらの肌トラブルにあっては肌を美しく見せることはできません。肌を美しくキープしたいのであれば、できるだけ自己処理の頻度を減らしていく事でリスクを回避する事が出来ます。

自己処理の方法として良いのが電動シェーバー。電動のシェーバーであれば皮膚を傷つけずに毛のみを処理する事ができます。

ベストはやはり脱毛を完了させる事。自己処理の必要が無くなるまで脱毛をする事で、肌を健やかな状態にしていく事出来ますし、時間も取られずにすむので非常に快適になれます。

脱自己処理を目指して、脱毛を始めてみてはいかがでしょうか。